カートを見る

共同出版記念講演会

讃良屋安明
「最新AI産業の動向とカラクリがよ~くわかる本」
×
鈴木絢市郎
「最新ECの動向とカラクリがよ~くわかる本」
 
 
 
AIのプロ×ECのプロ 著者が語る
 AIECの未来

2024年210日()
14:30-17:05
  
コンフォート新宿 ROOM-A
東京都新宿区新宿4-3-25 TOKYU REIT新宿ビル7F

著者紹介

讃良屋 安明
(Saraya Yasuaki)

1972年北海道生まれ。幼少期から技術への興味が深く、パソコンがまだ一般的でない時代にプログラミングを始めた。その後、学生時代はLISP言語と脳内シナプス結合の研究を行う。技術の進歩を常に追い続け、現代のAI技術にも精通している。現役のシステムエンジニアとして、システム設計からプログラミング、ネットワーク、サーバー設定に至るまで幅広い技術を習得し、IT業界で40年以上のキャリアを築いてきた。
その知識とスキルを、『専門用語を使わずにわかりやすい言葉』で伝え、政府実施の「e-japan構想」において200時間以上のIT講習会を指導し、幅広い層にITとセキュリティの重要性を教えてきた。

最近では、生成AI(Generative AI)の代表でもある大規模言語モデル(ChatGPTなどのAI)の進化についての研究は、多くの著者や企業経営者に影響を与えている。また、サイバーセキュリティに関する講義などを中央省庁向けに実施し、その分かりやすい説明は受講者から高い評価を受けた。2023年、AI・ITについてのブログ、メルマガによる情報発信、コンサル、セミナーの実施回数は50回以上に及ぶ。

ミッションは、AIとセキュリティの重要性を一般の人々にわかりやすく伝えること。社会全体のセキュリティ意識を高めること。IT技術のメリットを社会全体に広めること。

鈴木 絢市郎
(Suzuki Junichiro)

1969年横浜生まれ。学生時代から大の音楽好き。当時のアルバイト代は、全て、レコードやライブに注ぎ込む。卒業後は、バッグ小売、ショッピングセンター運営管理と、流通業に従事。1999年、趣味として、Yahoo!オークションをスタート。2012年、個人事業主へ。2014年、国内取引のみならず、eBayに参入し、輸出販売を開始。現在まで、90ヶ国のお客さまと40,000件以上の取引実績を有する。そのノウハウを活かしたコミュニティ運営、ブログ、メルマガ、セミナー、コンサルなどの情報発信活動も行う。長年在籍した流通業界にて養った知識を活かし、ネット物販業界全体のCS(お客様満足)度を向上させることがミッション。モットーは、「お客さまの元気と笑顔を作ること」。著書は「はじめてのebay輸出スタートガイド」(1,2,3版)「終活も断捨離もメルカリ、ヤフオクで! スマホで簡単! 超ビギナーからシニアまで」
余白(80px)

出版の背景と経緯

讃良屋安明氏と鈴木絢市郎氏が著した本は、ともに秀和システム社から発売の「図解入門業界研究」シリーズ(※1)の本。
讃良屋氏は「図解入門業界研究 最新AI産業の動向とカラクリがよ~くわかる本」を2024年1月19日に、鈴木氏は「図解入門業界研究 最新EC業界の動向とカラクリがよ~くわかる本」を同年2月17日に発売予定。

-お二人の著者に、出版の背景と、共同出版記念講演会を開催するに至った経緯を聞いてみたー

Q:「図解入門業界研究」シリーズの各本において、どのような主旨や目的を持ってこれらの書籍を執筆しましたか?

讃良屋)「はい、近年、ChatGPTのような文書生成AIや画像生成AIなど、様々なAIサービスが生まれています。さらに、これらを活用した新しいビジネスや、既存の企業でのAI活用も進んでいますね。一方で、AI産業や企業動向に関するまとまった情報は少なく、関連企業への就職を考える人やビジネスを始めたい人はインターネット等の情報に頼らざるを得ない状況にあります。そこで、AI産業で働きたい人や業界関係者向けに、AI産業の産業構造や関連ビジネス、代表的な企業などを解説し、AI産業の実情とともに将来の見通しにも役立つ1冊としたかったですね。日本でもAI産業で働けるんだ!と、若者に夢と希望を持ってもらおうとの思いを込めて書きました。」

(鈴木)「自分は、海外向けのEC物販を中心に事業を行なっています。今回の本の執筆依頼を頂いた際、二つ返事でお受けしたものの、単なるECプレイヤーがEC業界全体の話を書いてもよいのか?もっとEC業界全体に精通している人の方がふさわしいのでは?という疑問と背中合わせでした。でも、EC業界の歴史をたどっていくうちに、自分が書く意味が徐々にはっきりしてきました。自分は、個人の方を中心に、EC物販のスタートアップのお手伝いをさせていただいておりますが、それと同じように「いちプレイヤーから見たEC業界を、これからチャレンジしたい人向けに、できるだけ専門用語を使わず、分かりやすく紹介すること」がミッションと感じられたのです。」

Q:AI産業とEC業界の最新動向を解説する上で、読者ターゲット層からの興味深い質問や反応があれば、それについてお話しいただけますか?

讃良屋)「やはり、AIがこのまま発展し人間を超えてしまったら自分たちの未来はどうなるのだろうという質問が多いです。でも、AIは人間が作りだしたもの。AIが人間を超越したとき、人間を虐待するようなことにはならないと思います。むしろ、人間側が人間を超えたAIを認め、共存を進めなければならないと思います。どうしても人間は怠惰な生き物。AIが人間を超えた時、これ幸いとサボる人間が多く出現し「ダメ人間」が増えそうな予感はしています。そうではなく、AIと共存しより良い社会を築く方向に意識を向けるべきだと思います」

鈴木)「この本では、ECとリアル店舗の関係について取り上げております。それにあたって、自身のショッピングセンター勤務時代に親交のあった業界の友人にインタビューを実施しました。いろいろ話を聞いていく中で、ECにしてもリアル店舗にしても、どんなにテクノロジーが進化しても、最終的には「人のチカラ」であることを再認識しました。」

讃良屋)「最終的には『人のチカラ』、いい言葉ですね。そこの手綱をしっかり握っていれば、人間中心な超スマート社会が未来にま待っていますよ。」
Q:お二人が共同で出版記念講演会を開催するに至った経緯やその目的を教えてください。

鈴木)「自分は、多感な中学時代、父の転勤で札幌に住んでおり、第二の故郷と考えています。讃良屋さんは北海道の方というだけで、まず親近感を持っていました。距離があるにも関わらず、毎月東京でのセミナーにリアル参加されている事は凄いと感じていました。共同の出版記念講演会なんてなかなかできるものではないです。お声がけ頂いたことに感謝しています。」

讃良屋)「そうなんです。私が一方的に偶然というか運命を感じて、鈴木さんにラブコールを送ったんです。同じウェブ心理塾に所属している、同じ秀和システムから出版する、同じ「図解入門」シリーズの、同じ「業界研究」を、同じ時期に出版するなんて、運命としか言いようがないですよね!と、興奮してはしゃいでしまい、鈴木さんにラブコールを送った次第です。快く引き受けてくれた鈴木さんに感謝ですね。」
Q:AI産業とEC業界は今後どのように進化すると予測されますか?また、これらの業界が直面している主な課題は何だと思いますか?

讃良屋)「先程と重なりますがAIは人間を超えます。少なくとも2024年中には、AI同士で会議を行うようなシステムが増え一定の成果を出すようになると思います。AIが顧客情報をすべて把握し動向を分析し、最適なお買い物体験をさせてくれるECサイトも出てくるのではないでしょうか。鈴木さん、ECサイトの進化も凄いですよね。」

鈴木)「EC業界、特に、業界のリーダーであるアマゾンのAI技術は恐ろしいほど凄いです。本では壮大過ぎて取り上げませんでしたが、ブロードバンド強化事業でロケットまで打ち上げています(笑)ただ、そこは人が楽しむところじゃないの?という領域までたどりついていますので、AIと人が融合した上で、役割がはっきりしていくような未来になるのではと思います。」

讃良屋)「役割がはっきりとしていくような未来、AI視点からも同じようなことが言えますね。これからはやりたいことがぼんやりしている人にとっては苦しい社会、はっきりしている人には楽しい社会が待っているのではないでしょうか。」
Q:これらの書籍を手に取る読者、特に業界に関心を持つ若い世代に対して、お二人からのメッセージはありますか?

鈴木)「拙著であるeBay本のようにピンポイントのガイドブックは沢山存在しますが、EC全体を俯瞰するような本は、ありそうでなかったと思います。これからECを始めるに当たって、全体を見渡せることは、チャレンジしようとしている事がどんなポジションなのか、どんなメリット、デメリットがあるのか、の判断材料に使って頂けると思います。あまり知られていないECの歴史から最新技術に至るまで、是非楽しんで頂ければと思います。」

讃良屋)「これからの日本は、働き手不足で経済が縮退します。そこを、AIを活用していままでは5人で行っていた作業も、一人+AI4人でやりこなすような社会にしましょう。AIとの共存は、人間社会にとっても必ずやプラスになります。ITは難しくない!AIは身近にある! まずは、この本を手に取って、身近なAIを感じ、日本企業も負けてないぞと知っていただき、AIと共存する未来に夢を描いてほしいですね。」

※1秀和システム 図解入門業界研究シリーズ とは
様々な業界に関する情報を図解でわかりやすく解説している書籍シリーズです。このシリーズには多様な業界の動向や仕組みが詳しく解説されており、特定の業界についての深い理解を得ることができる。

〈 講演テーマ 〉
AIのプロ × ECのプロ
著者が語る
AIECの未来

AI(人工知能)とEC(電子商取引)は、現代のビジネスにおいて重要な要素となっています。AIの進化により、様々なデータを分析し、顧客のニーズや嗜好を的確に把握することが可能になりました。一方、ECの普及により、オンライン上での商品購入やサービス利用が一般的となり、ビジネスの競争はますます激化しています。
AI と EC の交差点を探り、これらの分野がどのように進化し、将来のトレンドがどのようになるのかに焦点を当てます。
余白(80px)

開催概要


開催日時

2024年2月10日(
【受付開始】14:00【講演会】14:30〜17:05



開催場所

コンフォート新宿 ROOM-A
東京都新宿区新宿4-3-25 TOKYU REIT新宿ビル7F

アクセス
・JR「新宿」駅/南口/東南口/甲州街道改札/バスタ新宿より
直線甲州街道沿い徒歩4分
・新宿三丁目駅 E5出口徒歩1分
【最寄り駅までのアクセス】
・東京駅…中央・総武線で約15分
・上野駅…山手線、中央・総武線で神田駅乗り換えで約23分
・品川駅…山手線で約20分



タイムテーブル

・14:00〜受付開始
・14:30〜14:35 開会挨拶
・14:35〜15:20 讃良屋 「AIと共存する未来」 講演
・15:20〜15:30 讃良屋 質疑応答
・15:30〜15:40 休憩
・15:40〜16:25 鈴木 「Eコマースとリアル店舗が融合した新時代のショッピング」講演
・16:25〜16:35 鈴木 質疑応答
・16:35〜16:55 秀和システム編集者・讃良屋・鈴木のセッション
・16:55〜17:05 閉会挨拶

・18:00~20:00 懇親会(希望者のみ)



お申込み締切

2024年2月9日(金)


メニュー
※讃良屋 安明 著書は「AI本」 鈴木絢市郎 著書は「EC本

・講演会参加のみ
・講演会参加+「AI本
・講演会参加+「EC本
・講演会参加+「AI本」+「EC本

・アーカイブ動画視聴のみ
・アーカイブ動画視聴+「AI本
・アーカイブ動画視聴+「EC本
・アーカイブ動画視聴+「AI本」+「EC本


書籍の発送につきまして

讃良屋の新刊(1月19日発売)と鈴木の新刊(2月15日発売)は、発売日が異なるため、ご注文の取り扱いについて次のようにご案内いたします。

讃良屋の新刊のみをご注文の場合1月19日以降に順次発送いたします。

鈴木の新刊、または、両方の書籍をご注文の場合2月15日以降に一括での発送となります。

・讃良屋の新刊を先にご希望の場合、讃良屋の書籍を当日会場で購入し、鈴木の書籍のみを含むプランをお申し込みください。




お申し込みはこちら


会場参加
ご好評の中、終了しました。
ご出席された方々、ありがとうございました!
※書籍をお持ちの方は、当日ご持参ください。

講演会参加のみ
※書籍をお持ちの方は、当日ご持参ください。
  • 販売価格
  • 3,300円
  • (税込)
講演会参加

讃良屋安明 著
「最新AI産業の動向とカラクリがよ~くわかる本」
※書籍は1月19日以降郵送となります。
  • 販売価格
  • 4,900円
  • (税込)
講演会参加

鈴木絢市郎 著
「最新EC業界の動向とカラクリがよ~くわかる本
※書籍は、2月17日以降郵送となります。
  • 販売価格
  • 4,900円
  • (税込)

講演会参加

讃良屋安明 著
「最新AI産業の動向とカラクリがよ~くわかる本」
鈴木絢市郎 著
「最新EC業界の動向とカラクリがよ~くわかる本」
※書籍は、2月17日以降まとめて郵送となります。

  • 販売価格
  • 6,300円
  • (税込)
商品名
  • 販売価格
  • 1,000円
  • (税込)



アーカイブ動画視聴

後日、動画視聴用URLをお伝えいたします。

アーカイブ動画視聴
  • 販売価格
  • 3,300円
  • (税込)
アーカイブ動画視聴
讃良屋安明 著
「最新AI産業の動向とカラクリがよ~くわかる本」
※書籍は1月19日以降郵送となります。
  • 販売価格
  • 4,900円
  • (税込)
アーカイブ動画視聴

鈴木絢市郎 著
「最新EC業界の動向とカラクリがよ~くわかる本」
※書籍は、2月17日以降郵送となります。
  • 販売価格
  • 4,900円
  • (税込)

アーカイブ動画視聴

讃良屋安明 著
「最新AI産業の動向とカラクリがよ~くわかる本」

鈴木絢市郎 著
「最新EC業界の動向とカラクリがよ~くわかる本」

※書籍は、2月17日以降まとめて郵送となります。

  • 販売価格
  • 6,300円
  • (税込)
商品名
  • 販売価格
  • 1,000円
  • (税込)



懇親会への参加

著者や参加者との親睦に、ぜひご参加ください。

日時
2024年2月10日()18:00~20:00

会場
ディヴァーノ ワインダイニング
東京都新宿区新宿3-31-1 大伸第2ビル 5F
(講演会場より徒歩2分)
https://gourmetplus.jp/shops/5110/
  • 参加費
  • 6,000円
  • (税込)